株式会社トウザキ|江東区,台東区,千代田区,新宿区,荒川区,江戸川区,葛飾区,墨田区,中央区,千葉県に資源リサイクルで安心の生コンクリート(レディミクストコンクリート)を製造・販売

次代の環境のために研究開発骨材全量石灰石フライアッシュコンクリート製造工程供給体制
HOME > フライアッシュコンクリート
メールでお問い合わせ

フライアッシュコンクリート
フライアッシュコンクリート
フライアッシュコンクリート
フライアッシュコンクリート
フライアッシュコンクリート
フライアッシュコンクリート
フライアッシュコンクリート

関東地区で初のJIS化を行った、フライアッシュコンクリート

石炭火力発電所では、微粉砕した石炭をボイラ内で燃焼させ、電気集塵器に捕集された石炭灰をフライアッシュといいます。コンクリートにフライアッシュを使用すると、「長期強度の増進」「乾燥収縮や水和熱等の減少」「水密性の向上」等、多くの有利性を発揮します。
単位水量の低減
同一スランプを得るための所要水量は、フライアッシュの代替率に比例して減少し、単位水量を低減しながら作業性のためにほどよい軟らかさをもち、しかも材料分離しにくい特性を持ちます。
流動性の増大と粘性の確保
フライアッシュは微細な球形をしているため、コンクリートに混和すると流動性が著しく改善され、打設が効率的に行われます。充填性がよくなり、仕上り面が滑らかで美しくなります。
乾燥収縮の抑制
フライアッシュを混和したコンクリートは、フライアッシュの代替率の増加に伴うセメント量の減少により、硬化後の収縮率が小さくなり、クラックが起こりにくく耐久性の高い構造物となります。
水和熱の低減
セメントにフライアッシュを混合すると、コンクリートの水和熱が減少するため、ダム工事や原子炉格納容器等マスコンクリート工事に有効です。
アルカリシリカ反応の抑制
フライアッシュの混和により、アルカリシリカ反応抑制効果が得られます。JISA5308にもアルカリシリカ反応抑制対策として、フライアッシュセメントが採用されています。有効な混和材としての役割も果たします。
主な用途
  • ●マスコンクリート中庸熱セメント対応品として
  • ●夏季スランプロス低減対策として
  • ●高所、長距離圧送性向上対策として
  • ●環境配慮型のコンクリートとして
  • ●アルカリ骨材反応抑制対策として
  • ●ひび割れ抑制対策として
  • ●強度の低い高流動コンクリートの混和剤として
フライアッシュコンクリートの主な用途

フライアッシュコンクリート表
フライアッシュコンクリート

Copyright 2013©TOUZAKI CORPORATION. All right reserved.  株式会社トウザキ 〒133-0073 東京都江戸川区鹿骨1-8-12 TEL. 03-3679-2391 FAX. 03-3679-2369  個人情報保護方針  サイトポリシー